効果的な求人媒体の組み合わせ

会社概要

現在の求職者は1つの媒体情報で応募することは少なくなっております。
例えば求人誌や求人サイトで見た求人情報だけで応募するのではなく、
その企業のホームページでさらに詳しい事業内容や社風、経営者のブログなどを
確認してから応募する行動に移ります。
以上のことから判るのは、応募するきっかけは求人誌や求人サイトでも、応募の後押しを
したのは違う媒体です。
これからの採用は、1つの採用ツールのみで求人活動するのではなく、
色々なメディアを使って求職者を囲い込む必要があります。
例えばハローワークと自社ホームページ、求人誌と自社ホームページ、
求人誌と求人サイトでの広告、求人サイト広告と自社ブログなど求人ツールを
ミックスすることが採用を成功させる秘訣です。
只、同じような媒体を使っても意味が無いので気をつけてください。
例えば新聞折込求人チラシとフリーペーパー求人誌では意味がありません。
なぜならこの2つの媒体は記入できる情報量に限りがあるからです。
したがって1つでは伝えきれない情報を補う効果は期待できません。
これからの採用は、戦略を立てて、効果的な求人広告を掲載されてはいかがでしょうか。

 

愛知県の求人に特化した求人サイト『愛知仕事ナビ』

東京都の求人に特化した求人サイト『東京求人ナビ』

神奈川県の求人に特化した求人サイト『神奈川求人ナビ