意図する人材を採用するには

会社概要

意図する人材を作用するには

本来であれば認知度の低い企業ほど自社PRするべきなのですが、中小企業の採用担当者ほど自社の
魅力を求人広告に盛り込もうとしません。
さらに「待遇面が悪いから」という理由で給与や休日さえ明記することもやめてしまうのです。
大企業等認知度の高い企業なら雇用条件が明記していなくても、企業の信用度が高いため応募者が
集まるのですが、認知度が低い中小企業の雇用条件が明記されていない求人広告には、運がよくなけ
れば求職者から応募があるこりとはあません。
何故でしょう?それは信用がないからです。
自分の立場を求職者に置き換えてみれば明確です。パート・アルバイトならまだしも、正社員の募集で、あなたの
知らない企業が雇用条件も明記していない求人広告で「詳細は面談にて」という求人募集にあなたなら応募
しますか?
普通の方なら応募することに躊躇されると思います。
応募があったとしてもどこの企業にも採用されない問題のある人物というケースが多いのではないでしょうか。
求人募集してもロクな人材が集まらないのは企業側に責任があるのです。
せめて安心して応募できるように最低でも雇用条件は明記するべきです。
さらに仕事のやりがい、面白さ、社内の雰囲気、生かせる経験・能力、求める人物像、現在働いている社員の
客観的な意見、将来のビジョンなどを盛り込んだ求人広告が望ましいと思います。そうすることによって御社に
共感をもった人材からコンタクトがでるのではないでしょうか。
あなたはいつまで運にまかせた求人広告を出し続けるのでしょうか?
少しだけの採用担当者の努力でミスマッチのない人材からの応募を増やすことができるのです。
これだけ情報が氾濫した世の中ですから簡単に人材が採用できる時代は終わりました。
中小企業ほど大企業より自社PRする努力をするべきです。でないと大企業と中小企業の人材採用における
格差は広がる一方だと思います。
当社は中小企業の人材募集において、人材担当者自身でWEBの知識なしで求人広告が掲載できる
地域密着型の求人サイトを提供しています。自社のPRを自由に発信できる採用ツールです。
ご興味があればご利用ください。

愛知県の求人に特化した求人サイト『愛知仕事ナビ』

東京都の求人に特化した求人サイト『東京求人ナビ』

神奈川県の求人に特化した求人サイト『神奈川求人ナビ』